EB-5プログラム・プロジェクト最新情報

アメリカンライフ インク|不動産投資による永住権取得

 

tel:03-6871-9479

 

アメリカンライフインク シアトル本社:American Life Inc. 2450 6th Avenue S, Suite 200, Seattle, WA 98134 USA Phone: 206-381-1690 URL: www.amlife.us

【EB-5対象レイクウッドマリオットホテルプロジェクトに7年償還タイプClassAが登場しました】

カテゴリ: EB-5プログラム・プロジェクト最新情報
作成日:2023年11月30日(木)
現在EB-5対象投資プロジェクトとしてご案内中の
「レイクウッドスプリングヒルBYマリオットホテルプロジェクト」に
従来の長期投資エクイティ型ClassBの投資参加オプションに加え、
新たに【7年償還タイプClass Aオプション】をご紹介できる運びとなりました。

昨今急激な円安が進行しておりますが外貨投資としても大変魅力的なプランかと思います。
詳細につきましてはどうぞお気軽にお問合せ下さい。
 
※当ホテルプロジェクトへの投資参加(現行法元本80万ドル※別途初期手数料が掛かります)することで、
EB-5米国投資永住権プログラムを通じ米国永住権(グリーンカード)の申請が可能です。
 
【レイクウッドスプリングヒルBYマリオットホテルプロジェクト概要】

当ホテルプロジェクトはワシントン州レイクウッドに2026年の完成を目指し開発される
ホテルプロジェクトです。
近隣には5Gの拡張現実と仮想現実を用いた最先端の軍事トレーニングが実施されている
全米屈指の軍事訓練施設セントルイスマコード基地や世界を牽引する航空宇宙産業があり、
ポストコロナに相応しい安定した需要が期待できる有望プロジェクトとなっております。
また、スプリングヒルホテルは米国最大ホテルブランドの一つである
マリオットグループ屈指のビジネスホテルブランドとして全米で展開されています。
EB-5プログラムや当該ホテルプロジェクトに関するお問い合わせは
以下までお気軽にご連絡下さい。

******************************************************************

アメリカンライフインク ジャパンリージョン 國井靖子
 東京都渋谷区恵比寿南1-1-1ヒューマックス恵比寿ビル8F
  TEL:03-6871-9479 直通:070-5578-1992 FAX:03-6733-8200
 email:yasuko@americanlifeinc.com
*******************************************************************

【散見されるEB-5ローンプロジェクトのトラブルについて】

カテゴリ: EB-5プログラム・プロジェクト最新情報
作成日:2023年09月14日(木)

昨今EB-5大手のEB-5プロジェクトが破綻したというニュースをご覧になられたという

EB-5プログラムにご参加の方並びにご検討の方より、

弊社のプロジェクトも同様のリスクがあるのではないかといった
ご心配のお声を頂いております。

 

ご心配・ご不安のご相談が多くありましたため、
皆様に安心してEB-5プログラムにご参加頂くため、世間を騒がせております
当スキャンダルの詳細につき調査を行いましたので、概要をお知らせいたします。

 

今回のケースは資産運用上、非常にリスクの高い仕組みとなっており
弊社のプロジェクトの仕組みとは全く異なりますので、
まずはご安心頂ければと思います。

今回の大手EB-5デベロッパーによるEB-5投資プロジェクト破綻の詳細については
以下複数メディアにて以下(要約)のように伝えられています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カリフォルニアの某大手リージョナルセンターがローンプロジェクトとして
およそ1000名ものEB-5投資家を集め、高級ホテルとコンドミニアムの開発事業に
融資を行っていたが、コロナパンデミックなどの影響でこの開発事業が約10億ドルの
債務を抱え債務不履行に陥った。その後、筆頭債権者に物件を差し押さえられ、
このローンプロジェクトに参加していたEB-5投資家が投資金回収及び永住権取得の
危機に陥り訴訟に発展。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
破綻が伝えられている今回のカリフォルニア大手リージョナルセンターによる
EB-5プロジェクトは、第三者事業に投資金を貸し付けるタイプの
近年散見されているいわゆる「ローンプロジェクト」と呼ばれるプロジェクトの
一つですが、ここまで大きなスキャンダルに発展した要因として
プロジェクトのローン契約がメザニンローン契約(通常のローンよりもリスクが高い
貸付方法)であったため、より順位の高い(シニアローン)契約をしていた
他の債権者により開発物件も差し押さえられてしまいました。

これによりこのプロジェクトに参加中の1000人ものEB-5投資家がその投資金の全て
を失うという最悪のケースに発展してしまいました(現在も係争中です)。


更に、投資先(融資先)の開発プロジェクトの事業規模がかなり大規模であり、
コロナパンデミック並びにポストコロナ時代に到底似つかわしくない観光客を
ターゲットとした高級ホテルとコンドミニアムのコンプレックス事業であったため、
容易に事業が立ちいかなくなるという市場の過大評価と誤算が招いた
破綻劇だと言えます。


EB-5リージョナルセンタープログラムは米国の特に失業率の高い地域
(リージョナルセンター)に投資を行い投資家一人辺り10名の雇用創出することで
アメリカの永住権が申請できる移民プログラムです。
このEB-5プログラムの投資先はat Risk(リスクを伴う投資)であることが前提であり
どのEB-5投資物件にも無論リスクが伴います。

しかしながら今回のようなローンプロジェクト破綻のケースでは、
リージョナルセンターが事業運営にノータッチでありまた、
差し押さえ権利の無いタイプのローンプロジェクトであったため、
最悪の事態へと発展したという典型的なケースであると言えます。

例え今回のような名の知れたリージョナルセンターであっても、第三者に任せきりで
投資先の選択を誤ると容易にコントロール不能に陥ってしまいます。

また、一見元本保証されているかのように見栄えの良く見えるローンプロジェクトには
今回の事象のように大きなリスクが潜在する可能性があり、プロジェクトの仕組みと
リスクを十部に理解しないまま参加されることがないよう、ご注意ください。


なお、弊社アメリカンライフでは1996年の設立当初より、投資物件のオーナーシップを
直接所有して頂くEB-5プロジェクトをご紹介しており、これまで事業破綻並びに
弊社プロジェクト起因の最終却下はございません。
弊社では現在、安定した需要を誇る米軍基地隣接地にマリオットホテルブランドの
4階建ての中規模ビジネスホテルを開発し運営するEB-5対象ホテルプロジェクトを
ご案内中です。
この時代にマッチした安定感抜群の米軍基地隣接のコンパクトホテルプロジェクトは
パンデミック以前から弊社の優良ビジネスモデルとして人気の高い
プロジェクトシリーズです。


関連記事:

Reuben Brothers Moving Forward on Century Plaza Foreclosure (therealdeal.com)

https://therealdeal.com/la/2023/03/31/reuben-bros-get-court-go-ahead-to-foreclose-on-rosenfelds-century-plaza/?utm_campaign=GCBI%20newsletter%2C%20April%2017%2C%202023&utm_medium=email&_hsmi=254592634&_hsenc=p2ANqtz-90umMOK-tcY3NVCX4u3Dmhq28ubHw9QLUGJx_JbjT_0Wg9aVo2769st8R_LDXsmOgzermextM3ur5x1R0wuEq1mp2Va6h5BIIYBL3D4BiglJLIl-0&utm_content=254592634&utm_source=hs_email

https://centurycity-westwoodnews.com/reuben-brothers-win-foreclosure-ruling-on-century-plaza-development-in-la-superior-court/


関連記事の要約:

センチュリープラザリージョナルセンタープロジェクトは、
マイケル・ローゼンフェルドが率いるウッドリッジキャピタルパートナーズが開発した
ロサンゼルスの高級ホテルとコンドミニアムの複合施設であり、
EB-5対象のローンプロジェクトとしておよそ1000名程の外国人投資家から
投資金を集めていました。

しかしコロナ禍や建設遅延などの問題に直面し、約10億ドルの債務を抱えることとなり、債権者の一人である英国の不動産王ルーベンブラザーズが、担保権を行使して
差し押さえを試みて法廷で争われています。EB-5投資永住権プログラムは、
投資プロジェクトが完成し、雇用を創出することでアメリカ永住権が取得できる
仕組みですが、このローンプロジェクトに参加していたEB-5投資家は、
投資費用の回収どころか、プロジェクトが差し押さえられ頓挫することで
永住権取得も断念せざるを得ない状況に陥っています。

EB-5投資家グループはプロジェクトの開発者側からこのローン契約が
メザニンローン契約(通常のローンよりもリスクが高い貸付方法)であることを
知らされていなかったと主張したものの、開発者側から証拠を提示され
主張は認められませんでした。
ルーベンブラザーズの代理人弁護士は「センチュリー・プラザのローンに
関連してルーベンブラザーズに惑わされたというCMB社の虚偽の主張は、
吹き飛んでしまった」と述べています。


EB-5プログラムや本件に関するお問い合わせは以下までお気軽にご連絡下さい。

******************************************************************
アメリカンライフインク ジャパンリージョン 國井靖子
東京都渋谷区恵比寿南1-1-1ヒューマックス恵比寿ビル8F
TEL:03-6871-9479 直通:070-5578-1992 FAX:03-6733-8200
email:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
*******************************************************************

【ご参加者インタビュー冊子のご案内】

カテゴリ: EB-5プログラム・プロジェクト最新情報
作成日:2023年06月28日(水)

只今弊社ではご希望の方にEB-5永住権プログラム参加者様の貴重な体験談をまとめた

インタビュー冊子を無料でお渡ししております。

永住権をお取りになる理由も背景もみなさま三者三様です。


本冊子には、EB-5ご参加の経緯や申請にまつわる体験談、
アメリカでの暮らしについてなど
現在ハワイやロサンゼルス、シアトルにお住まいの
9名の日本人投資家様の貴重な体験談が収録されています。


今まさにEB-5にて永住権取得をご検討されていらっしゃる方にとりまして
大変興味深いモデルケースとなるかと思いますので、
ご興味がございましたら、お気軽にご連絡下さい。


ご希望の際には以下メールまたはお問合せフォームにて

ご郵送先並びにご連絡先をご記載の上ご希望の旨お知らせください。

 

メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
お問合せフォーム:https://www.amlife.jp/contact.html

 

【EB-5対象レイクウッドマリオットホテルプロジェクト】

 

現在弊社では安定した需要が見込まれるEB-5対象ホテルプロジェクト
「レイクウッドスプリングヒルホテルバイマリオット(LHIG LLC)」をご案内中です。

当ホテルプロジェクトはおよそ20万人が居住する巨大な米国軍事施設に隣接し
現在申請中の建築許可取得後、8月にも着工、2024年中の開業を目指します。

 

当マリオットホテルプロジェクトは慢性的なホテル不足が続くこのエリアにおいて
プロジェクト予定地の向かいに建つ同一ホテルオペレーターの管理物件
「タウンプレイスマリオットホテル」と価格帯の異なる
2棟建てのホテルを展開することで、幅広い層の需要を満たし
長期的に安定した運営が期待できる優良プロジェクトです。

 

EB-5プログラムや当該ホテルプロジェクトに関するお問い合わせは
以下までお気軽にご連絡下さい。

******************************************************************
アメリカンライフインク ジャパンリージョン 國井靖子
東京都渋谷区恵比寿南1-1-1ヒューマックス恵比寿ビル8F
TEL:03-6871-9479 直通:070-5578-1992 FAX:03-6733-8200
email:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
*******************************************************************