EB-5プログラム・プロジェクト最新情報

アメリカンライフ インク|不動産投資による永住権取得

tel:03-6871-9479

tel:03-6871-9479

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-1-1ヒューマックス恵比寿ビル8F

アメリカンライフインク シアトル本社:American Life Inc. 270 S.Hanford St., Suite 100 Seattle, WA 98134 USA  Phone: 206-381-1690 URL: www.amlife.us

速報!10月1日以降のEB-5法延長について

カテゴリ: EB-5プログラム・プロジェクト最新情報
作成日:2017年09月12日(火)
間もなく9月30日に法期限を迎えるEB-5リージョナルセンタープログラムについて
10月の再延長後には、投資額の大幅値上げ案が取りざたされておりましたが
ここにきて2017年12月8日までの現行法の更なる延長の可能性が高まったとの
最新情報が入って参りました。
本件、上院では可決済みで、今後下院通過後、最終的にトランプ大統領による
サインが行われるまでは確定とはなりませんが、
他の移民政策や未曽有の大型ハリケーンによる被害対策、
北朝鮮問題など、引き続き優先すべき重大決議内容が山積しており
EB-5プログラムの規定変更に関しては、先送りされる見通しのようです。
前途のとおり、未だ確定ではありませんが
引き続きEB-5永住権をご検討の方にとっては大変嬉しいニュースとなりそうです。
なお、当社のEB-5対象シアトルホークタワープロジェクトは
ご紹介残り枠が25枠(全190枠)を切り、いよいよご案内のファイナルコールが
近付いて参りました。
シアトルの一等地に来年2月に完成する魅力的なオフィスタワープロジェクトです。
EB-5プログラム、投資プロジェクトの概要をご案内させて頂きますので
お気軽にお問い合わせください。

シアトルホークタワーI-526認可最新情報

カテゴリ: EB-5プログラム・プロジェクト最新情報
作成日:2017年08月30日(水)

好景気に沸く人気の都市シアトルの一等地に
ヒルトンホテル(255LPプロジェクト第一期)に併設する形で
建設工事が進む昨年8月下旬にご案内を開始した第二期プロジェクト、
シアトルホークタワービルですが
この度、I-526認可取得者第一号が出ました!

現在の認可リードタイムはおよそ2年程度ともいわれておりますが
今回は請願申請後僅か10カ月というスピード認可だったようで
これは何とも嬉しいニュースです。
勿論、審査期間には本来大幅なばらつきがあるものですが
第一期ヒルトンホテル同様、当該ホークタワープロジェクトも
その投資将来性が認められ、今後も順調に認可が下りていくことでしょう。
来年2月竣工に向け建設工事も終盤に差し掛かかって参りました。
第一期ヒルトンエンバシースイーツホテルとほぼ同時期の完成となりますので
2月下旬頃にはご参加の投資家様をお招きしてオープニング式典も
催される予定です。
なお、(前期・後期計)全190枠としてご案内中の
当該シアトルホークタワープロジェクトですが
残り枠は25枠程度となっております。
ご参加ご検討の方はご注意下さい。

--------------------------------------------------------------------
【シアトルホークタワープロジェクトについて】
--------------------------------------------------------------------

EB-5投資永住権プログラムの対象物件にもなっている
シアトルシーホークタワープロジェクトは、シアトルダウンタウンの南、
シアトルマリナーズ球場やアメリカンフッドボール
シアトルシーホークススタジアムなどが立ち並ぶスタジアム地区に、
11階建てのオフィスタワーを建設し
運営する魅力的な投資プロジェクトです。
8月15日撮影の最新画像ではフェーズ1のホテル棟(手前)と
ご紹介中のEB-5対象プロジェクト、シアトルホークタワー(奥)も
ほぼ外観が出来上がって来ているのがご覧いただけます。
画像左手のレンガ造りの建物は、ポートランドとカナダの
バンクーバーを結ぶアムトラック鉄道のシアトル拠点、
サウスキングストリートステーション、その線路を隔てたすぐ先には
シアトル国際空港とダウンタウンを約40分で結ぶ便利な路面電車
(リンクレール)のインターナショナルディストリクトステーションもあり、
アクセス抜群の立地を誇っています。

EB-5プログラムやご紹介プロジェクトに関するご質問は
ジャパンリージョン担当クニイまでお気軽にお問合せ下さいませ。

 

50万ドル現行法へのお手続き期限が近付いて参りました

カテゴリ: EB-5プログラム・プロジェクト最新情報
作成日:2017年07月13日(木)
今年の9月30日に法期限を迎えるEB-5地域センタープログラムの
10月1日以降の法改正の可能性について、
当社上層部からの情報によりますと、現行50万ドルから100万ドル程度への
増額が濃厚とのことです(確定情報ではありません)。
現行50万ドル法へのご参加をご希望の方は
少なくとも法期限である9月30日までに移民局への請願申請をお済ませになる
必要がありますが、
弁護士との申請書類の作成には、通常2カ月程度は要しますので
7月下旬頃がご参加手続きの最終期限ということになります。
このタイミングが、本当に現行50万ドル法の最後の参加のチャンスと
なる見込みですので、ご検討の方、是非お急ぎください。
EB-5プログラムやご紹介プロジェクトに関するご質問は
ジャパンリージョン担当クニイまでお気軽にお問合せ下さいませ。